Noriさんのhauoli日記

Noriさんの好きなこと★ハワイアンキルト・競馬・お酒・バレーボール・おしゃべり。笑って喋って飲んで騒いで(笑) 毎週金曜日、立川四中でバレーボール練習してます。「ただいまメンバー募集中!!!」
TOPスポンサー広告 ≫ 虹の橋を渡っちゃった小太郎(泣) TOP携帯から投稿 ≫ 虹の橋を渡っちゃった小太郎(泣)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

虹の橋を渡っちゃった小太郎(泣)

みなさんに応援や元気パワー頂いて 最後まで頑張った小太郎が虹の橋を渡ってしまいました。

 

2011年10月13(木曜日)

20:00過ぎ 享年11歳

 

二、三日前から芳しくない状況が続く。

火曜日に仕事帰りに Takeちゃんが実家に寄る。

 

この時「小太郎が起き上がることもせず、遠い目をしてた。あまり長くないかもしれないから覚悟しておいた方がいい」 と。

 

そして木曜日の昼過ぎ メールが。

 

「今夜が山」とのこと。

仕事をきっちり終わらせて 義母ちゃんと一緒に病院へ。

小太郎のゲージへ案内される。

先生が「思う存分そばにいてあげてください」と言われる。

 

ホントにいよいよ最後なのか。

呼吸が荒くなり 痙攣が始まる。

 

「小太!小太!まだ行ってはダメ!」 

その度に必死で小太郎は応えようとする。

お義母ちゃんが声をかけると朦朧とする意識の中で起き上がろうとする小太郎。

Noriさんたちはこの日の夜から秋田に行くことになっていたが こんな状態ではいけないと取りやめに。

断りの電話をしに行ったTakeちゃん。

見てられないとその場を立ち去るお義母さん。

みんなが離れようとした瞬間、突如激しい痙攣が起きる。

「先生~!先生!小太郎が!」

みんながいなくなった途端だよ。。離れて欲しくなかったのね。そばにいて欲しかったのね。

人一倍甘えん坊だもんね、小太郎は。

 

「今日持てばまだ二、三日は大丈夫かと。。。今の状況ではなんとも言えない」 との話しだったのでその先生の言葉を信じ 一旦うちに戻る。

 

 

そして。。。

うちに戻って30分過ぎた頃だったかな。

病院から電話。

 

「すぐに来てください!!!」 

 

病院到着。

「たった今。苦しまずにす~っと眠るように逝きました。」

間に合わなかった。

間に合わなかったの。

 

でも大好きなな先生たちがそばにいて苦しまずに逝けたことが何より。

さっきまであんなに苦しそうにしてたのに。

いつもの熟睡している いつもの小太郎だった。

 

院長先生 奥様 先生たち。みんな泣いてた。

Takeちゃんも お義母さんも。Noriさんも。

 

みんなに愛され みんなから好かれてた小太郎。

最後はとても幸せそうな顔して虹の橋渡ってしまったよ。 

 

きっと一昨年亡くなった義父ちゃんが淋しくて 連れて行っちゃったんだと思う。

あんなに「義父ちゃん、小太を連れていかないで」ってお願いしたのに・・・・。

小太郎も義父ちゃんに会いたかっのかな。

お互いを呼んでたのかもしれません。

 

みなさんに応援して頂いて Noriさん始め 小太郎も感謝しています。

 

本日(10/14)無事に 火葬してもらい 今は義父ちゃんの位牌のそばにいます。

ほんとにありがと。

ちゃんと一人一人にお礼が言いたいのだけど まずはここで言わせてください。

 

ありがとう。

 


Noriさんのお気に入りのブランケットに包まれて。

小太郎 幸せをいっぱいありがとね。

お義父ちゃんとたくさん遊んでもらうんだよ。

 

 

みなさん ほんとにほんとにありがとう。

 

 

Comment

No Title
編集
コタの記事、沢山のこしてくれて
有難う
その時が息づいてます
心の中に溢れてる思いが
形として甦り複雑ですが癒されます。
2011年12月26日(Mon) 22:27
たけちゃんへ
編集
コメントありがと。
誰だかわからなかったよ(笑)

小太郎は最後 大好きなお水も飲めなかったもんね。見てるのが辛かったよね。
小太郎は義父ちゃんや友達に会えてた思うし。
きっと小太郎駆けずり回ってるよ。
2011年10月20日(Thu) 14:23
編集
虹の橋には旨いもんが沢山あって美味しい水がたっぷりあるかな?もう誰も止めないからたらふく飲んで食べまくっていいよ、ありがとうコタ!!
2011年10月19日(Wed) 07:29
tsukasaさんへ
編集
tsukasaさん ありがと。
小太郎ね ちゃんとTakeちゃんのライブ成功するの見届けて逝ったと思う。
tsukasaさんと会えたのも小太郎のおかげかもね
Takeちゃんがやばいかな。泣かれるのは何よりも辛いです。
Noriさんはなんとかみんなに支えられて頑張れてます。
でも一日も早く元気ににならないと小太郎にしかられちゃいますね。
2011年10月17日(Mon) 23:18
厳ママへ
編集
厳ママ ありがと。
厳ちゃんには長生きしてもらわなくては。

いつか いつか 厳ちゃんが虹の橋渡る時にはちゃんと小太郎にお出迎えさせるから
でもお願い。長生きしてね。

またメールします。
厳ママ ほんとにありがと。
2011年10月17日(Mon) 23:13
コロちゃんへ
編集
コロちゃん コメントありがとね。
初コメントもらって心配させちゃったね。

小太郎 たぶんコロちゃんちの子たちと会ってると思うよ。
頑固ジジイもそばにいると思うけど許してね(笑)
しばらくはうちに小太郎いるから みんなの気持ちが踏ん切りつかないだろうけど いつまでも悲しんでたら小太郎にしかられちゃうね(笑)
コロちゃん、またメールしますね。
2011年10月17日(Mon) 23:10
puku chanへ
編集
puku chan コメントありがとね。
辛いね~淋しいね~。
だんなの方がやばくてね。
どうしたらいいのか。ただ「大丈夫。小太郎は幸せだったんだから」っていいながら励ましてます。
あんなに大きな犬がいないとなるとね なんかみんな何をしていいんだか。
手持ち無沙汰?みたいなかんじ。

小太郎は最後まで頑張ったんだよ。だからNoriさんも元気になるように頑張るよ。
2011年10月17日(Mon) 23:04
ジムシータ母さまへ
編集
母さま、コメントありがと。
小太郎のいない生活は淋しいです。
一緒には住んでなかったけど 思い入れはたくさんあったからね。
義母ちゃんよりも(淋しさはあるけど強い人ですから。ただボケないか心配) Takeちゃんがやばいです。

寝ながら涙流して泣くんです。
Noriさんはどうしていいんだかわからなくて。
ただ背中をトントンってするしかなくて。

小太郎は百箇日にまでは自宅にいる予定です。
そのあとは小太郎の仲良しの友達が入ってる共同墓地に行くことになってます。

義父ちゃんと会えたかな~。
人の死以上に辛いかもしれませんね。

2011年10月17日(Mon) 22:56
編集
寂しい事ですね。

そして小太郎君、頑張りましたね。

小太郎君も皆さんの愛情を十分に受け止めた事でしょう。

2011年10月17日(Mon) 15:11
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011年10月16日(Sun) 11:37
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011年10月16日(Sun) 01:09
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011年10月15日(Sat) 18:10
編集
ごめん、言葉が見つからない。

お義母さんの側にいてあげてください。
2011年10月15日(Sat) 17:12












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。