Noriさんのhauoli日記

Noriさんの好きなこと★ハワイアンキルト・競馬・お酒・バレーボール・おしゃべり。笑って喋って飲んで騒いで(笑) 毎週金曜日、立川四中でバレーボール練習してます。「ただいまメンバー募集中!!!」
TOPスポンサー広告 ≫ 5月11日通夜 ・ 12日告別式TOPNoriさんの話し ≫ 5月11日通夜 ・ 12日告別式

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

5月11日通夜 ・ 12日告別式

【 5月11日通夜にて 】

雨の中たくさんの人が来て下さり ほんとに感謝でいっぱいです。
みなさん「涙雨ですね。悲しい雨です。」っておっしゃって・・・。

あまりのたくさんの人方が送ってくださり お陰さまで?泣く暇もないくらいでした。
懐かしい方の顔・・・会社の方・・・・。

対応で追われ あっと言う間に 通夜が終わった感じがします。

久々に会ったMineちゃん 受付を手伝ってくれたAsamiくんが 斎場に泊まってくれて Takeちゃんも心強かったと思います。
友人にほんと感謝です。

ここには書き出せないので 省略させてもらいます。

本当にありがとうございます。
今日来て下さった方を始め 多くの人に支えてもらいました。
みんなの励ましがあったからこそ ここまでこれたんです。
負けちゃいそうな時 助けてほしくて 話聞いてほしくて メールして・・・・。
みんなが「一人じゃないよ」っていってくれて。

最期まで 悔いなく出来たのはみんながいたからだと思います。
言葉にするとなんだか軽くなっちゃうから どう伝えていいかわからないけど。

「ありがとう」の言葉にたくさんのい思いをこめて・・・・・。


【 5月12日告別式 】

Miyaちゃんが到着。最寄りの駅まで迎えにいく。

Saeちゃんの姿 マスターの姿・・・・涙でよく見えない。
この7カ月 色々思い出されて 涙が止まらない。
しっかりしなきゃ!!!と思えば思う程 次から次へと涙があふれる。

お坊さんのお経も終わり いよいよ最期のお別れ。

棺に入れるもの・・・。
クリスマスに作った家族の写真。もちろんKotaroが中心ですが(笑)
お義父さんが好きだったたばこ なんでだか戦争ものが好きだったのでその関係の本 大事に取っていた好きな酒の箱
最初で最後の私からの手紙。

元々背の小さい人だったから 棺は花でいっぱいになり・・・

「お義父さん 頑張ったよね。つらかったね。苦しかったね。」私は声をあげて泣きました。
子供達も泣いています。(後から子供たちにワンワン泣くからつられて泣いちゃったよ~って言われました

Takeちゃんはずっと私の手をにぎっていてくれました。ずっと・・・・。ぎゅっと・・・。
これで最後だから たくさん泣かせてくれました。

棺の中の義父の顔が笑顔に見えたのは私だけではなかったようです。
「父ちゃん 笑ってたよな」って。

そして挨拶。
Takeちゃんもこの歳で父親を亡くし 挨拶をするとは思ってなかったでしょう。
(彼らしい挨拶でした。短いながら想いがたくさんこもってたし)

火葬場に行く際 位牌は義母が 遺影は義妹が持ちました。
市の火葬場は遺族が二人しか入れず あとの遺族は参列してくださった方々と一緒にガラスの向こうと言われてました。だから諦めていたんです。
どちらにしても 私は入れないんだ・・・・と。

しかし 葬儀屋さんのご配慮で 家族全員が中まで入れるようにしてくださったんです。
嬉しかったなぁ。あきらめてたから・・・。。
火葬に入る時 義妹が「これで最後。お父さんバイバイ~」って。
それを聞いたら私もつられてしまいました。

「お義父さん バイバイ~ありがとう」

親戚のみなさんや参列してくださった方に「よく頑張ったわね。えらいわよ。出来る事じゃないわよ。」って言われるけど 私は自分に出来ることしかしてないし 自分が納得するまでやらせてもらったので こちらの方がお礼を言いたいくらいです。
「悔いなく最後までやりたい」その願いがかないましたので ホントに悔いはないんです。
最期を笑顔で送ってあげれなかったことくらいかな? 


火葬も無事に終わり 斎場に戻る時 義妹が私に言いました。
「帰りはNoripyが遺影をもって。そうするべきだよ。お父さんも望んでるから。」

位牌は義母 お骨はTakeちゃん 遺影はKaoruちゃん・・・
そう思ってこれも諦めてたから この提案には驚いた。すぐさま断ったよ。
でも 「持って」って言われて ありがたくこの提案を受け入れました。
これはお義父さんからのプレゼントだと思ったんです。
そして 義妹からの気持ち。

ありがとう。

そのあとはにぎやかに精進落とし。
挨拶は義母。
(今まで黙ってたから話したくなったのかな?)
私達は何を言い出すか ハラハラドキドキ

ホントににぎやかに送れたこと感謝の気持ちでいっぱいです。
家族にとっては頑固じじぃでしたが 会社では人望があったんだなぁ。
義父の知らない顔が 知れたのが 亡くなってからと皮肉なものです。

たくさんの方々に見送られて 義父は幸せですね。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。